人間の脳は急激には進歩しない (160903)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

人間の脳は急速には進歩しない。外山 仁(TH東洋総合治療セン
ター代表)『致知』2016年10月号より

———————————————————-
その中で気づいたのが、冒頭に触れた数多くの患者様が苦しんで
いる不定愁訴は、視覚や聴覚、触覚といった“五感”への負担が
原因ではないかということです。

特に日本のような先進国では、私たちは高層ビル群、きらびやか
なネオン広告といった自然とかけ離れた環境で生活せざるを得ま
せん。

さらにこの20年くらいの間に、パソコンやスマートフォンなど
の電子機器が一般普及し、あらゆる情報を誰もが瞬時に取り入れ
ることができるようになりました。

もちろん、そのことで私たちは多くの恩恵を得ることができまし
たが、その一方で新たな問題が生じました。

それは“人間の脳は急激には進歩しない”ということです。

情報の入力が一方的に過多となり、脳が処理しきれなくなった結
果、現代人の心身に原因不明の不調が起こってきているのです。

人間は五感を通じて、情報を脳に伝達することで、体の内外の状
況を感知し、それをもとに心身をコントロールしていますが、情
報量が多すぎると、五感が過剰使用になってオーバーヒート、脳
疲労を引き起こすのです。
———————————————————-

先日、自然の中で、営業BOOTキャンプを行いました。時に自
然に触れるとリフレッシュできます。休日など意識的に自然に触
れることをおススメします。

健康管理は、脳の疲れを取ることからです。

今日は、自然に触れましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。