違和感を成長の糧に (160907)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

違和感を成長の糧に。倫理研究所理事長 丸山敏秋氏より。今月
の新世の巻頭記事に書かれていた文章です。

———————————————————-
「どうもおかしい」「何となくしっくりしない」--そんな感覚、
すなわち違和感を覚えることがよくある。

初対面の人と会い、知らなかった話を聞き、経験したこともない
状況に遭遇すると、違和感が起こりやすい。それが普通だろう。

そんな違和感も、やがて慣れたり馴染んだり、自分の受け止め方
が変われば消えていく。それでも消えない違和感は、ますます膨
らんで摩擦や亀裂を生み、とくに対人関係では争いの火種となり
やすい。

だからといって、安易に妥協したり、無理矢理に自分を変えてま
で、違和感を消す必要はない。たとえささやかな違和感でも、そ
れを大事に温めておきながら、自分の側に思い込みや誤解がある
と気づけば改める。

どう考えても相手の側がおかしいのであれば、素直にもの申す。
温められた違和感が、自分も相手も共に成長する糧となる場合は
あるのだ。
———————————————————-

始めての場所、初めての人、初めての出来事など、人間が感じる
違和感。この違和感とどう向き合い、自分への成長としていくか。
拒否するのではなく、受け入れ自分の成長の糧にしていきたいも
のです。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。