大業を成し遂げるには (160921)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

今週の倫理より
———————————————————-
ある会社の二代目候補として、両親が築き上げた会社に入社した
A氏。そのわずか二年後、会社が倒産するという大変な事態に見
舞われました。

その後、A氏は自ら会社を設立し、親と同じ道は歩まぬよう、必
死に仕事に取り組んでいました。設立後三年ほどは順調でしたが、
他の競合店に遅れを取り、次第に売り上げが下降線をたどってい
くようになったのです。

会社存続のため、銀行に借り入れを申請すると、両親の会社に勤
めていた時に個人保証した借り入れ金が完済しておらず、融資を
受けられませんでした。A氏は、会社を倒産させた父に対し、憎
しみが増していくような心境でした。

そうした状況の中、母にふと苦しい胸の内を吐露しました。する
と「お父さんに相談してみたら」という言葉が返ってきたのです。

母も父からさんざん迷惑をかけられていたので、思いもよらない
言葉でした。しかし、母の苦労を長年見てきたA氏は、母の言葉
に応えてみようと思ったのです。

資金繰りが悪化していることを伝えると、父は「お前の会社の状
況はだいたいわかる。これを使え」と、倒産後コツコツ働いて得
た預金を切り崩して、数百万のお金を差し出してくれました。父
は資金繰りに苦しむ自分の気持ちを察してくれていたのです。

その時に初めて、父がどれほどの苦労を重ねて会社を存続させて
きたのか、また、長男である自分をどんな思いで見守ってくれて
いたのかという父の心情に触れることができたのでした。

倫理運動を創始した丸山敏雄は次のような文章を残しています。
ほんとうに、父を敬し、母を愛する、純情の子でなければ、世に
残るような大業をなし遂げる事はできない。(『万人幸福の栞』
より)

経営者にとっての大業とは、広い意味では、企業の健全な繁栄に
他なりません。また、様々な団体を通じた奉仕活動や地域貢献活
動なども含まれるでしょう。

それらをなし遂げるためには、父を敬し、母を愛する純情な子で
あることが求められます。世の中に二人といないわが父、わが母
であるからこそ、無条件で親を尊び大切に思うことが親祖先を大
切にすることにもつながります。

A氏の父は、ほどなくして他界しました。父の思いをしっかりと
受け止めたA氏は、その後、折に触れ、〈こんな時、父ならどう
するだろう〉と思うようになりました。そして、決断が迫られる
厳しい状況では、「父母が喜ぶかどうか」を拠り所として、自分
と向き合うようになりました。それから次第に物事が良い方向に
動き出し、会社の再建につながったのです。

現在A氏は、毎月一回、家族全員で墓参をしています。感謝の気
持ちとお詫びを込めて、妻や子供たちとお墓を清掃しています。
そして、生前父に伝え切れなかった思いを声に出して語りかけま
す。

帰路、心の晴れやかさを感じるたびに、A氏は、月に一度の墓参
が一家の元気の源になっていることを実感するのです。
———————————————————-

父母を敬し、父母を愛することが、出発点であるように思います。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。