目の前のことに一つひとつ向き合っていく (160926)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

今年の12月、長崎でも劇団四季の公演があります。今月の致知
の記事でも、「劇団四季で学んだ一流プロの心得」というテーマ
で載っていました。

今月の致知のテーマは「人生の要訣」です。要訣とは、物事の最
も大事なところ。奥義、秘訣という意味があります。

記事の作者は、ウィルフォワード所属人材育成トレーナー佐藤政
樹氏です。佐藤氏が説く「人生の要訣」は、ご自身の歩みを振り
返り、「目の前のことに一つひとつ向き合っていくと、思いがけ
ないところから道が拓けてくる」というのが実感だと言っていま
す。

「たとえ自分の将来とは関係ないと思うようなこと、やりたくな
いと感じることであっても、目の前のことに真剣に向き合い、プ
ラスアルファを出すように取り組んでいく。そうすると、その姿
は必ず誰かが見ていて、助けてくれる人、引き上げてくれる人、
応援してくれる人が不思議と現れるのです」

「例えば上司から命令された仕事、これを何でこんなことやらな
きゃいけないのと思って嫌々やるか、あるいはどうやったら上司
に喜んでもらえるかと創意工夫してやるか。この積み重ねがプロ
とアマ、一流と二流を分ける差になるのだと思います」

嫌いなものは嫌い、嫌なものは嫌。と片付けられればこれほど楽
なものはありません。しかし、楽な道を歩んでも人生幸福にも豊
かにもなれません。

嫌でもやる。嫌いな人とでも付き合う。これが社会人ととしての
要訣だと思います。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。