主観はその人の感情に密接につながっている (161002)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

僕たちは、日々様々な情報をインプットし処理しています。それ
が主観であろうが客観であろうが無意識に処理している場合が多
いようです。

主観はその人の感情に密接につながっています。議論をする際も
主観的な議論は、感情的な敵対心にまで発展していきます。

では、その為にどのようなスキルが必要となるか。それは自分を
否定するスキルです。自分を卑下することとは違います。自分の
考えを逆説的に考えてみる。というスキルです。

例えば、「あの人はいつも我々の意見に反対の立場を取る。なの
で彼の提案には、ろくなものがないので賛成しない」

これを自己否定で捉えると「あの部長の提案のメリットは何か。
その根拠は何か」

自分の感情をいったん強制的に封印し、外からの事象を眺める行
為です。これは決して心地よいものではありません。しかし、こ
れが出来るかどうかで、その人の論理性は大きく分かれます。

それと情報の選択です。自分の思いや主観にピッタリ合う意見や
情報は、見つけると安心するし、心強いものになります。しかし、
そこに甘んじてしまうと、論理性はいつまで経っても身に付ける
ことができません。

ロジカルシンキングという言葉があります。まずは「本当にそう
なのか?」という疑問を常に自分に向けられるあまのじゃくさを
持ってみることからスタートです。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。