ダーク(闇)ウェブという言葉 (161004)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

ダーク(闇)ウェブという言葉。著書のあらすじを読みました。
現在、インターネットの世界は、次の3つに分かれます。

1.サーフェイスウェブ:誰もがアクセスできる自由な空間。ニ
ュースサイトやブログなど、一般的なウェブサイト群。

2.ディーブウェブ:一部の人だけが触れられる空間。ECサイ
トのマイページやソーシャルメディアの非公開ページなど、検索
エンジンでは探し出せないウェブコンテンツ。

3.ダークウェブ:サイバー犯罪者が跋扈する闇の空間。「To
r」(トーア)」など専用のソフトウェアがないとアクセスでき
ないため、匿名性が高く、外部からの圧力に強い。

いろんなテクノロジーの進化は、誰もが便利に使えるパブリック
なものから、犯罪に関係する裏の世界というのは、常に存在しま
す。社会の表と裏の存在です。

言い換えるとテクノロジーの進歩は、人間の欲求によって進歩し
ます。

2020年、東京オリンピック開催時には、日本は世界から注目
されます。と同時に狙われる(攻撃)対象にさらされるのも事実
です。

今、国家レベルでサイバー攻撃から守ろう。という動きがありま
す。個人の情報がどこかで売買されている時代です。自分の会社、
そして個人の情報は自分で守っていかなければなりません。

セキュリティに意識を高めていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。