過去の経験体験でしか物事を見れない (161005)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

正解が見えない課題を圧倒的に解決する「超仮説思考」著。大変
興味深い内容の記事が載っていました。

無意識の世界と脳のメカニズム。「脳科学によれば、人間の脳の
活動の中で、自分が意識できるのは2割で、8割の活動は無意識
の世界で行われている」と言います。代表的なモノは「呼吸」で
す。意識して呼吸している人はいません。

「無意識の世界では、我々が経験したことにタグをつけて記憶し
ておく機能がある。その上で、外部から刺激を受けた際、その刺
激と関連するタグを持った過去の記憶を瞬時に検索し、引っかか
てきた記憶を組み合わせて、その刺激を解釈するためのモノの見
方をつくり出す」

「例えば、相手の微妙なしぐさを見て、「この人は退屈している
のではないだろうか」というモノの味方が出てくるのは、相手の
しぐさという刺激を受けて無意識の世界が検索を行った際に、過
去に人を退屈させたり、自分が退屈させられた経験が引っかかっ
てきたことを意味する」

つまり、人間は、自分の過去の経験体験での範囲内でしか、物事
を見られないようになっています。そのため、新しいものの見方
を発見するために、絶えず自分の経験を広げる努力が必要になっ
てくるのです。

自分の経験・体験の幅を広げていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。