脳は使い方次第でもっと成長する (161014)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

脳は使い方次第でもっと成長する。中京大学スポーツ科学部教授 
荒牧勇氏による分析結果の内容が、致知に載っていました。非常
に興味深い内容です。

トップアスリートの脳はどこが違うのか。500例近いアスリー
トの脳画像の分析を通じて分かってきたといいます。

一流と二流の脳にどんな違いがあるのか。これはトップアスリー
トだけに限らず共通点があるようです。そして、アスリートとし
て成長するのに伴い、その性格や人柄まで大きく変わっていく。
ということです。

本番に強い選手は、脳内の島(とう)という部位が小さい傾向に
あるそうです。島の部分は、交感神経系の活動や、痛みや嫌悪感
などのネガティブな認知と関連している部位です。この部位が小
さいということは、よい意味での鈍感力が身についているとも言
えるそうです。逆に、本番に弱い選手は、あれこれ気にし過ぎる
傾向にあるとも言えます。

自分の脳を変える方法は、ルーティンをしっかりやることだそう
です。決めたことを決められた時間にきっちりやる。そのルーテ
ィンで脳が鍛えられ、変えることができるというこです。

イチロー選手が、打席に入る前に必ず同じ動作をするように、自
分なりのルーティンを決め、例外なく実施することで、自信がつ
いたり、度胸がつき、動揺することなく本番に強くなるのでしょ
う。

今日も、自分のルーティンを意識し実施してみましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。