生き方のセオリー(法則) (161018)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

一流プロ6,000人の取材を通して得た人生の成功法則。月刊
『致知』編集長が毎月メルマガに綴ってきたコラムから、各界一
流プロたちの「生き方のセオリー(法則)」16篇を精選。運命
をひらく知恵、人生や仕事を発展させる法則が満載です。

ちょっとした心の工夫が人生を好転させる。とあります。

・本気・本腰・本物ー坂村真民(仏教詩人)

・お互人間は、何時死ぬかも知れぬと覚悟して、現在の生活の全
充実を期すべきであるー森信三(哲学者)

・知識は大事ですな。しかし、知識だけでは役に立たん。その知
識に熱意を掛け算する。そして経験をプラスする、そこに知恵が
生まれるー松下幸之助(パナソニック創業者)

・教えてくれなきゃできないって言ってる人間には、教えたって
できないー 一龍斎貞水(人間国宝の講談師)

・九十九パーセントの力を出している時はしんどいが、百十パー
セント、百二十パーセントの力を出そうと決意した時、その人の
根こそぎの力が出てくるー津曲孝(ケーキハウス ツマガリ社長)

・いやなことでも、心のにごりをすてて喜んで勇みきって引き受
けるー常岡一郎(『中心』発行者)

・きょうは〇月〇日きょうという日は一度しかない。きょうも一
所懸命生きよう。だからニコニコしていこう。ー淀川長治(映画
評論家)

・私が私の一生で最も力を注いだのは、なんとしても自分との約
束だけは守るということでした。みずからとの約束を守り、己を
欺かなければ、人生は必ずなるようになると信じて疑いませぬー
平澤興(京大元総長)

読んでると、なるほどなぁ。とわかった、理解したつもりになり
ます。本当にわかったという境地には、自分で体験しないとわか
りません。

100の知識より1の実践ですね。今日も、何か一つ、自分との
約束(13の徳目)を貫いてみましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。