静思の時 (161109)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

PHP12月号の背表紙に書かれてある言葉は「静思の時」です。
年の暮れにふさわしい言葉です。

———————————————————-
露天の広い湯船にゆったりと浸かり、思いきり手足を伸ばす。風
が木々を揺らし、頬を撫でる。“ああ、気持ちいい”。縮こまり、
凝り固まった心と体がゆっくり解きほぐされてゆく。いつ以来だ
ろう、こんなにのんびりするのは。

思えばこの一年、何と慌ただしく過ごしてきたことか。立ち止ま
ることなく、目の前のこと、日常の仕事にひたすら取り組んでき
た。それはそれで充実した日々ではあったが、そのために、多く
のものを置き去りにしてきたのも事実。

しばし沈思の時をもとう。よかったこと、よくなかったこと、過
ぎ去りし一年を顧みよう。思い返せばうまくいったことばかりで
はなかった。失敗したことも一つや二つではない。

しかし失敗するのは、もっと成長できる。まだ伸び代があるとい
うことでもある。そう思いを定め、失敗を無駄にせず、次に生か
して、より高みを目指してゆけばいい。

年の暮れ。ゆく年くる年の準備に追われるときではあるけれど、
こういう時期だからこそ、一年のけじめをつけ、来るべき年に希
望をつなげるために、去りゆく年を振り返る静思の時を大切にし
たい。
———————————————————-

早いもので、来月は師走の月になります。ゆく年くる年という言
葉の響きも、妙にリアルに感じる時期にもなります。静かに今年
を振り返り、新しい年への動へと繋げていきたいものです。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。