感情はコントロールしなくていい (161113)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

感情はコントロールしなくていい。建仁寺両足院副住職の伊藤東
稜氏の話です。
———————————————————-
「忙しすぎて、ゆとりを持てない」「うまくいかない状況が続い
ている」「自分に行き詰りを感じている」「先々のことが不安」
「違う価値観を学びたい」。座禅体験には、このような思いを持
った方が多く参加されます。

このとき、たいていの方は「整えたい」と考えておられます。で
ずが、自分の心を整理しようというのは、難しいことではないで
しょうか。

私は「自分を調える」、つまり、自然とバランスの良い状態にす
る、というのが本来ではないかと思うのです。

「感情」は流れては消えていくもの。現代は情報社会です。多く
の方が毎日、情報をどう扱おうかと、「頭」ばかりを使って生活
しています。これでは、「感情」と向き合うのはとても難しいだ
ろうなと思います。

なぜなら、そのような方は、「心」や「感情」といった「頭で考
えていること」こそが「自分(私)」だと思っているからです。
往々にして「辛さ」「苦しさ」といった感情を一日中、へたをす
ると何年にもわたって抱え込んでしまうのも、そのためでしょう。

しかし本来、「自分」の主体は「身体」です。「感情」といった
ものは、身体の一部である頭の中を巡っている出来事にすぎませ
ん。
———————————————————-

感情というのは、湧いて来ては消え、消えたと思えばまた湧いて
来る。それもネガティブな感情は、堂々巡りを繰り返します。そ
の湧いて来る感情をやり過ごすことも一つです。

感情を湧かなくすることは出来ません。ただ、それを眺めること
はできるようになります。調えていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。