今やるべきことをやる (161115)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

仮想通貨のお話です。出口光オフィシャルメールマガジンより
———————————————————-
今は世界で3千あまりの仮想通貨(正確には電子マネーではない)
があり、ソフトウエアも公開され誰でも仮想通貨を創れる時代が
来ています。

仮想通貨の凄さは、なんと言っても送金コストが少なく国を超え
た少額決済(例えば100円)や貿易決済ができてしまうのです。

例えばフィリピンの貧民窟にいる子どもがプラカードに自分の仮
想通貨の口座を表記しその写真をSNSに乗せると世界中の人か
ら寄付をもらうことができます。

また何兆円、何十兆円という貿易決済手数料が100分の一とか
1000分の一になってしまうのです。これでは銀行は真っ青で
す!。

数年後には無数の仮想通貨ができますよ。と友人が語ってくれま
した。銀行の「決済機能」や「信用創造」の独占が崩れていくの
です。

一見素晴らしいように見えますが、問題は仮想通貨システムを作
っている人たちが、まず自分たちが儲かるように創っています。
今の金融資本主義の器の中で、媒体と主体が変わるだけで根本は
何も変わっていません。

ビットコインはお金の創造量が予め決まっているために、加入者
が増えれば増えるほど金のように値上がりしてしまうのです。

始めは1ビットコインでピザが買える。というものだったそうで
すが今では、1ビットコインが7万円を超えています。それぞれ
が部分最適(お金)を求めて全体最悪になってしまうのです。

お金は、一人ひとりの仕事が社会のために役割を果たせるための
交換、共有手段である原点に戻らねばなりません。本当のお金の
役割に徹した仮想通貨が求められています!それには私たちの意
識レベルが上がる必要があります。
———————————————————-

今や、仮想通貨だけに限らず、凄いスピードで世界は変化してい
ます。80年ほど存続していた、三菱重工長崎の野球部が横浜に
統合されました。客船からも撤退しました。長崎=三菱というブ
ランドも消えるかもしれません。

今自分ができること。愚直にやり続けるしか未来を創ることはで
きません。今日も未来を創っていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。