刺激に対してすぐに反応しない (161207)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

昨日に引き続き「たとえばなし」が意味するもの。もう一つの寓
話を紹介します。

———————————————————-
<牛と鹿>
のろまな牛と、はしっこい鹿とが、草原で一緒に草をたべていた。

「鹿くん!もし獅子がわれわれを襲って来たら、おたがいに力を
合わせて、追払おうじゃないか」と、牛がいった。

「そいつは御免だね」と鹿は答えた。「だって、僕はもっと安全
に逃げられるのに、何も獅子を相手に勝負にならない戦いをしな
ければならない訳があるかね」
———————————————————-

いかがでしょうか。人生で起こる出来事は、善きこと悪しきこと
半分半分です。一見悪しきことも、冷静に深い知恵で見ていると、
必ずそこには意味があるものです。

<牛と鹿>の寓話は、人間社会における利害関係について考えさ
せられます。

僕たちは、何かの刺激(怒りや悲しみ)に対してすぐに反応して
取り乱してしまいがちです。そういう時こそ、一呼吸を置いて状
況を冷静に観察する心の余裕を持ちたいものです。

今、マインドフルネスがにわかに脚光を浴びています。アップル
を創業したスティーブジョブズも、座禅の修行をしていたと言わ
れています。

グーグル、フェイスブック、IBM、ゴールドマン・サックス社
と言われる世界で冠たる企業がマインドフルネスに取り組んでい
ます。

今日も、刺激に対して自分の心を乗っ取られることのないように
過ごしていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。