生きているのは奇跡の連続 (161216)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

今、生きているのは奇跡の連続です。そうおっしゃるのは遺伝子
学でも有名な、村上和雄先生です。

以下、対談記事を紹介します。
———————————————————-
50年以上、生命科学の現場にいます。この間、科学技術は飛躍
的な進歩をとげました。特に遺伝子関連の研究では、これまでの
常識が次々とくつがえされて、私のようなオールドプロフェッサ
ーは目をまるくするばかりです。

たとえば、2003年、人の遺伝子がすべて解読されたときは、
数千億円の費用と何千人もの科学者の力が必要でした。ところが、
それからわずか10年と少しで、今では、10万円台で自分の遺
伝情報がわかる時代です。

ICチップに入れてお医者さんへ持っていけば、「あなたにはこ
の薬が効く」「この治療法がいい」と、その人に最適なオーダー
メイドの治療ができるようにもなる。これはものずごい進歩です。

進歩とは変化するということです。「科学的に正しい」といわれ
れば、反論できないと思うかもしれません。しかし、それはその
時点での「正しい」であって、明日にはどう変わるかわからない。

科学者の私がいうのもなんですが、科学の常識なんか、そのとき
を過ぎたら信用してはいけない(笑)
———————————————————-

先日、テレビを見ていたら、「あなたはガンになる確率○○%」
と言われていました。今の遺伝子科学でガンになる確率さえ明ら
かになる時代です。

10年前ぐらいまでは、ガンは告知さえ躊躇されていた時代です。
しかし、今はどうでしょう。「細胞を調べたら悪性のガンです」
と医者は躊躇なく本人へ伝えます。

それだけ、医療の世界では一部のガンを除いて、早期発見であれ
ば完治するまでになりました。すごいですね。

今日も生きている。これも奇蹟。一日一日を大事に過ごしていき
ましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。