心や意識の持ち方で遺伝子も変わる (161222)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

遺伝子科学者の村上和雄先生は、心や意識の持ち方で遺伝子も変
わる。と言います。
———————————————————-
人の全遺伝子情報はすでに解読されました。しかし、その遺伝子
の働きが確実にわかっているのは、せいぜい2%程度。あとの9
8%は、眠っている状態です。

その休眠状態の遺伝子をのスイッチをオンにすることで、私たち
は、別人のようになって、これまでになかった能力を発揮できる
こともある。

火事の刺激でスイッチが入り、重い荷物も運べてしまう「火事場
のバカ力」もその一つでしょう。

悪いストレスが加われば悪い遺伝子のスイッチがオンになって、
病気になる可能性が高くなることはよく知られています。ならば、
逆に良いストレスが加われば良い遺伝子が目覚めることもあるは
ず。その良いストレスこそが、感動すること、喜ぶこと、感謝す
ることなどの心や意識の持ち方なのです。
———————————————————-

心は見えません。そして人の意識も見えません。ただ、よい心も
ち、よい意識は、言葉や態度、行動に出てきます。自分を観察し
てみると、「あ、まずかったなぁ」と反省することばかりです。

良いストレスとは、感動、喜ぶ、感謝です。ちょっとしたことに
感動し、当たり前に感謝する習慣をつけると、心身共に健康にな
るようです。

何かが引っかかっているということは、自分が自分がの「我」が
出過ぎているのかもしれません。我を引っ込めましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。