やれると思ったらやれる。やれないと思ったらやれない。

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

先日、日創研福岡経営研究会主催で杵渕講師の6時間セミナーが 開催されました。僕は参加することはできませんでしたが、参加 された方からレポートが届きました。

その一文が印象に残りました。紹介します。 「私は18年間、人間が持っている潜在的能力について徹底的に 研究してまいりました。人間はだれもが可能性を持っています。 やれると思ったらやれる。やれないと思ったらやれない。絶対的 な法則としてそうなっているのです」

18年間、いろんな経営者・幹部・社員さんを見てきた専門講師 が言うのだから絶対的な法則だと思います。

「やれると思ったらやれる。やれないと思ったらやれない。」力 強い言葉だと思いませんか。

潜在的能力というのは、ある意味才能です。しかし、この才能は ほっておいたら開花しません。知識と技術によって才能は開花し ます。

才能とは「無意識に繰り返される思考、感情、行動のパターンで ある。」

知識と技術は努力しないと身についていきません。棚から牡丹餅 的な考えでは、身につかないのです。結果的に、すばらしい才能 がありながらも、開花させずに人生終わってしまうのです。

可能性を信じていきましょう。やれると思ったらやれる。やれな いと思ったらやれない。どちらの思考パターンを持っていますか。
 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。