「集めた力」と「絞った力」

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

「集めた力」と「絞った力」。みなさんはどちらだ強いと思いま すか?清水克衛(読書のすすめ 店主)の著書「5%の人」に書 かれている内容です。

———————————————————-
力をたくさん集めてくるわけですから、これはかなり強そうです。 しかし、頭のいい人たちを集めただけで、そこからすばらしい知 恵が出てくるかといえば、そうではありません。

家を建てるのに、人をたくさん集めれば集めるだけ早く建つかと いうと、やはり家を建てるのには適切な人数というものがありま すが、多いとかえって邪魔になるだけです。

それでは人類の歴史の中で、最も人の力を集めてやったことって 何でしょう?それは戦争です。

これまでの歴史の中で最も大きかった第二次世界大戦では、世界 の61の国が参戦し、総計で1億1000万人が軍隊に動員され ました。

これに費やされたお金は、主要参戦国だけで、総額1兆ドルを超 える膨大な金額になります。そして、犠牲になった死者の総数は 約5500万人。

そのうち、婦女子を含む一般市民の犠牲者は3000万人にもな ります。これだけの規模で、これだけの人数が参加し、これだけ のお金を使って、これだけの犠牲を出して得られたものって何で しょうか?

これに対して、“絞った力”を見ていきましょう。私たちが今、 平和に、便利に現代の英知を享受できるのは、先人たちの汗と努 力の結晶のおかげです。

発明王と呼ばれたトーマス・エジソンは、電球をつくるために、 何千回にも及ぶ失敗を繰り返しながら、電気を光に変える、フィ ラメントになる物質を発見しました。

細菌学者の野口英世は、貧しさや、幼いころに事故で負ったハン ディキャップを克服し、病気のもととなる細菌の発見に寄与し、 その生涯を黄熱病の撲滅に捧げました。

キング牧師の名で知られる、マーティン・ルーサー・キング・ジ ュニアは、人類差別のない世界を訴え、暗殺されてしまいます。 しかし彼の意志は受け継がれ、死期40年にして、アメリカで初 めての黒人系であるオバマ大統領が誕生しました。

これらの歴史に名を残した偉人たちは皆、さまざまな困難を乗り 越えながら、自分のもてる力を振り絞ってきました。

それにはもちろん、まわりの協力もあったと思うのです。しかし それも、1人の人間が、力を絞り切る姿に影響されたからだと思 うのです。

人が生まれてくるのは偶然ではありません。そこには必ず意味が あるのです。

人は1人では生きていけないから、誰かが誰かの助けを待ってい るのです。どんなに小さな組織でも、人は活かされる場所が必ず あります。

それが見つからなければ、まずは目の前のことに全力であたりま しょう。そこにコツコツ、コツコツと“カメ的”努力を積み重ね る。そして、自分の力を絞って、絞って、絞り切る。絞り切ると ころに、人の活かされる道は必ずあるのです。
———————————————————-
 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。