自分の城は自分で守る

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

先日の新聞に、卒業後3年以内の既卒者を採用する企業へ、奨励 金創設を柱とする、就職支援緊急対策をまとめた。と載っていま した。

この背景には、就職が決まらないまま大学を卒業した若者が8万 人以上に上る現実があるからです。

100社以上に応募しても内定をもらえない。という若者もいま す。若者の間には「焦り、不安」が募ってくると言います。

千葉工業大学を卒業した男性(25)は、これまでにIT系企業 を中心に廻り、約25社の面接にこぎ着けたが、内定はゼロ。 「自分に欠けているものがあるのではないか」と劣等感にさいな まれる。とインタビューに答えています。

「自分がフリーターになるとは。もう親に迷惑を掛けられない。 来年は社会人になれると思い込まなければ、精神的に持たない」

早稲田大学の男性(23)は3年生の10月ごろから就職活動を 始めたそうです。けして遅くはない時期からの就活です。サービ ス、メーカー、マスコミ・・・中小企業も含め、100社以上に 応募したが、内定には至らず、卒業後は面接さえ受けさせてもら えない。「新卒より不利になった」と、不安に押しつぶされそう だ。と吐露しています。

文部科学省の調べでは、今春の大学卒業者のうち就職した人の割 合は過去最大の下落幅となる前年度比7.6%減の60.8%。 進学も就職もしていない人は、約87,000人に上っている。 そうです。

会社が悪いのか、学生が悪いのか。おそらく企業に受け入れる体 力がないからです。

政府としても黙って見ておられず、採用すればお金を出しますよ。 という策。しかし、それの策は一過性のもの。恒久的ではありま せん。

まだまだ厳しい現実が続くようです。自分の城は自分で守ってい きましょう。
 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。