社会人としての原点となる日報

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

昨日、新入社員お二人の日報が一冊を終えました。約半年間にお
ける成長の証と言っても過言ではありません。

始めての出勤。緊張と不安の一日が終わり、日報へとペンを走ら
せる。何を書こうか。おそらくこの情景は一生忘れることはない
でしょう。いや、忘れたとしても、そのページをめくる度に蘇っ
てくるものだと思います。まさに社会人としての原点です。原点
を持っている人は強くなれます。

何故手書きの日報なのか。始めからグループウェアの日報でもい
いのでは?そう思う人もいるかもしれません。その考えも効率化
という視点に立つとグットアイディアです。

しかし、僕の考えは一年間は成長の証をしっかり刻んでいってほ
しい。と思っています。二年目からグループウェアへ移行するこ
とを考えると、入社からの一年はアナログ的な手作業をしっかり
身につけておくことは大事なことだと思います。

そして忘れてならないのは、この半年間、一日も欠かすことなく
コメントを書き続けたメンターお二人の存在です。愛情あふれる
叱咤激励のコメントが書かれています。これも貴重な財産です。

5年後、こんなことを書かれていた。俺(私)も随分成長したな
ぁ。と振り返ることができます。グループウェアでは中々難しい
ことです。

さあ、残り半年。どんな成長を自分史に刻むことができるか。お
二人の成長に期待したいものです。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。