長期間にわたる仕事の中間報告

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

13の徳目今月のテーマはコミュニケーションです。このコミュ
ニケーションで欠かせないのが、報告・連絡・相談・確認です。

報告を受ける側、報告する側。双方がうまく噛み合うと良好なコ
ミュニケーションが成立します。では、双方がうまく噛み合うと
はどういう状態でしょうか。

一つに、報告を受ける側が、ストレスを感じず、良いタイミング
で報告をしてくれたとき。です。しかし、ここに落とし穴があり
ます。受ける側が、ストレスを感じているかどうかわからないか
らです。

阿吽の呼吸。という表現がありますが、これはビジネスの世界で
はあまり好ましいコミュニケーションではありません。

仕事には、今日指示を受けて今日完了するものもあれば、今日指
示して、長期間にわたる仕事もあります。長期間の場合、中間報
告(経過報告・状況報告)を適切に行っていかなければなりませ
ん。

では、中間報告の期間は、どのくらいの期間を言うのでしょうか。
一般的には、1週間を目安にすることです。しかし、これも状況
によって様々です。新人は3日ぐらい。難易度の高い仕事は、そ
の都度行わなければ判断を見誤る場合もあります。

報告の時期を迷うのであれば、確認することです。ここで確認の
習慣がつきます。

長期間にわたる仕事は、コストや納期、進め方などで状況が変わ
ってきます。報告・相談もせず、勝手に対処してはならないとい
うことを肝に銘じておきましょう。
 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。