他との比較から不幸が始まる

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

今朝の佐世保でのモーニングセミナーは、中西本部長より「ひた
すら足下を掘れ」というテーマで講話を頂きました。

自分の足下(そっか)というのは観えているようで観えていませ
ん。足下を観ずして、他との比較から不幸が始まるのです。

例えば、苦労して入社した会社も1年2年が経つと不満も出てき
ます。友達の会社はこんなところがいい。待遇がいい。休みが多
い。給与が高い。福利厚生も充実している。など上げればキリが
ないほどです。

そこには、友達の会社という比較が生まれています。他と比べる
と自分にあるものがどんどん変化していくのです。良いように変
化できればいいのですが、悪い方向に変化していくと不幸です。

自分の子供を他の子供と比較していませんか。夫、妻を比較して
いませんか。比較は相対です。どこまで行っても幸せになること
はありませんね。

ある寓話で、水の中にどっぷり肩までつかっていて、遠くの水を
飲みたいと言っている。本当は、足下に水があり手で救えば水か
あるのにそれに気づかない。人間の幸せも同じような状況。目の
前の幸せに気づかず、他に幸せを求めてしまう。という現象です。

そして、自分の足下を前向きに肯定的に明るく受け入れる。否定
の中からは何もうまれない。という話にものごとの本質を気づか
されました。

足下に対する感謝・感恩ができているか。自分自身への問い掛け
る時間でもありました。

自分の足下をまずは確認してみましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。