不断の小さな気づきがイノベーションの源泉になる

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

マネジメントシップとリーダーシップ。似ているようで大きく異
なります。不断の小さな変化を見逃さずイノベーションに繋げて
いく。そんな企業が増えてきています。

ある飲料メーカーの開発部門で、部長自ら主導して提案制度を始
めた。ある時「上履きのひもがほどけて転びそうになる」という
情報が上がってきた。部長は改善策をみんなで討議し、原因がヒ
モの結び方にあることをつきとめ、正しい結び方を徹底した。そ
の後、24%あった苦情が6%に減った。定期的に啓蒙すればさ
らに改善されることになる。

上記は、現状の資源で改善を行っていくマネジメントシップです。
マネジメントでは限界もあります。上記の苦情は0%にはならな
いでしょう。根本的な解決策が必要です。

その情報を把握していたトップは、ひもを使わない「面ファスナ
ー」へ全面的に切り替え苦情0%を達成した。これがリーダーシ
ップです。

リーダーシップはリスクを伴います。よって、不断の小さな変化
も見落とさず、主導していくことが必要です。

創発インフラという言葉に出会いました。社内提案制度です。全
社員が毎日短文で、気づき・意見・提案・不満(苦情)などを、
義務として毎日報告する仕組みです。まさにツイッターに適して
いると思いませんか。

社長が生情報をヒントにアイディアを膨らまし、幹部は合理性を
持って考え支えていく。まさにイノベーションの理想形です。

不断の努力と言われますが、不断の小さな気づきもイノベーショ
ンのきっかけになることを忘れないで取り組みましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。