言葉に敏感になる

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

今、東京八重洲のブックセンターにいます。秋葉原などを回って
最終便で帰ります。

言葉に敏感になる。僕の役割、立場上、みなさんが日ごろ発する
言葉に敏感です。これは、当たり前と言えば当たり前です。どん
な言葉を使っているかで、みなさんの成長度合いを計っているか
らです。

現場に携わり、仕事振りを随時チェックできれば別ですが、小さ
いながらも縦組織を構成している以上、組織の原理原則に則らな
ければなりません。

成長を指し示しているの何か。言葉と動作、表情と振る舞いとい
った、心が表に出る部分です。心と仕事は別。と思うかもしれま
せんが、心を基点に全て繋がっています。

何気なく朝礼で発表している言葉。常に精査されています。何気
なくとった表情。これも精査されています。いちいち言葉で返し
ませんが、ピンと来る人は自己反省しています。

「何気なく」が一番曲者です。その人の人格が出るからです。誰
かに指摘されてから「い~や、無意識で」「気をつけていたので
すが」「意識はしていたのですが」「いや、そういうつもりで・
・・」と弁解がましいことを返す人がいます。僕に言わせればア
ホかと思います。黙っていればいいものを、更に自分の評価を下
げています。

「何気なく」は、ものの見方考え方の現れです。

昨日と一昨日、宿泊先で整体のコーナーがあり施術をしてもらい
ました。骨盤から腰のズレが1センチあるとのことでした。2日
間やってもらいましたが、随分楽になりました。

ただ、これは日ごろの体の使い方のクセがズレになってるので、
何もしなければ、数日もすれば元にもどるでしょう。そして、筋
肉の使い方をよほど意識する必要がある。とも言われました。

心のクセも同じです。そして、心のクセを矯正するのは、日ごろ
何を実践しているかの行動でしか治せないのです。

心のクセを意識してみましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。