「伝える」ということ

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える。というサブタイ
トルの「伝える力」池上彰氏の新書です。

伝える。ということは言うまでもなく大事なことです。特にビジ
ネスのシーンにおいて、伝えるツールは言葉です。言葉を交わし
て意思を伝えていきます。

伝えるにあたっては、自分自身がしっかり理解することからです。
当然、自分がわかっていないものを伝えることはできません。言
葉を並べただけでは、中々相手には伝わりにくいものです。

60分ぐらいのプレゼンを聞いていると、「あっ、ここは理解し
ていないなぁ」というのがわかります。すーっと通り過ぎようと
します。やはり、人に伝える前には、しっかり自分の腹に落とし
込んでおかなくてはなりません。

腹に落とし込むには、謙虚にならなければなりません。謙虚にな
らないと本質は見えにくいものです。特に、言葉を使って伝える
時には、唯我独尊になりがちなので、謙虚に人の意見を聞いてお
く必要があるようです。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。という諺があるように、自
分の殻に閉じこもることなく、心を開いてオープンマインドで、
コミュニケーションを取り続けるべきです。そうすることで、伝
える力はどんどん伸びていきます。

特に20代の若い時には、聞いて聞いて、大いに恥をかいておく
ことをお勧めします。

知るとは知らないことを知る。という意味もあります。他者から
謙虚に学ぶ姿勢が、コミュニケーションを高める一つの方法です。

伝える。ということを意識してみましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。