異文化の交流を積極的に受け入れる(101113)

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

異文化の交流を積極的に受け入れる。過日の講演会出席なども異
文化交流の一つです。こういった交流は積極的に意識して行わな
いと中々参加できません。

では、何故、異文化交流が必要なのでしょうか?それは、グロー
バル化の社会だからです。時代が変化しているのに変化の波を肌
で感じておかないと取り残されてしまいます。人間は社会性の動
物ですから、取り残されていい。ということはありません。

研修やセミナー、講演会は、様々な人と接点が持てる重要な時間
です。おそらく、その場に出かけなければ顔を合わせることはあ
りません。会話はなくても顔を合わせるだけでもいいのです。ス
トレス耐性にも一役かっています。

人見知りが言い訳で通用する歳も二十歳くらいまでです。家族を
持つと人見知りだからと言ってられません。

交流を通して「違い」に触れる。意外な共通点を知る。新たな発
見があることは楽しいことです。

会社や普段自分が囲まれている人たちとは違った視点でコミュニ
ケーションを取れる場づくり。そして、そこに参加する。客観的
で的確なアドバイスをもらったり、見落としていたものに気づか
せてもらえたりすることは、大きな財産になります。

違いを楽しむ。自身を知り、自分を振り返り、新しいチャレンジ
にスイッチが入る。人との出会いによる効用です。

異文化交流を積極的に楽しんでいきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。