約束には質がある (101115)

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

約束には質がある。西田史郎氏の「人生を決める3つの約束」に
書かれていました。13の徳目に約束とありますが、約束の質を
意識してみると面白いとおもいました。

西田史郎氏は、「自分との約束」というのは、自我の欲求。だと
言っています。つまり、自我の欲求にも「質」がある。というこ
とを説いています。

例を交えて次のように言っています。
———————————————————–
「いい車に乗りたい」「いい家に住みたい」「お金持ちになりた
い」などの不純な動機は、自分を喜ばせるための約束です。もう
ひとつは、自分以外の人を喜ばすために、なにかをしようとする
約束。「世の中の人を幸せにしたい」「社会に貢献したい」など
の使命感がある約束です。

どちらの約束のほうが「質」がいいかといえば、当然ながら後者
です。使命感を持っていれば、多少苦しいことがあっても平気で
しょう。

しかし、自分を喜ばせるという不純な動機の約束は、それが満た
されなくても、「まぁ、これでいいかな」と脳が燃え尽きてしま
います。

また、不純な動機の場合、それが達成されたときも満足してしま
うので、やはり脳は燃え尽きてしまいます。
———————————————————–

脳が燃え尽きるのには、2種類あると言っています。
———————————————————–
「無理だ」とマイナス思考で判断してバーンアウトしてしまうパ
ターン(意欲を失った状態)。もう一つは、満足して脳がハング
アップしてしまうパターン(作動しなくなる状態)。
———————————————————–

ほとんどの人は、バーンアウトしてしまうパターンと強調してい
ます。大きな夢を持って、「自分との約束」をしてチャレンジす
るのですが、そのプロセスでいろいろ失敗を経験すると、脳は無
意識のうちに「自分との約束」を破ってしまいます。

初心という言葉。これにはなるほどだなぁ。と思いました。
———————————————————–
最初に決断したことをずっと続けられたら、「初心」という言葉
はなくなります。人はすぐに「初心」を忘れてしまうから「初心」
という言葉が生まれたといえるのです。
———————————————————–

今日一日をこのように過ごそう。これも初心です。一日の初心を
意識してみましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。