企業の見える化見せ方 (101206)

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

先日、(株)倍速開発社へ訪問させて頂きました。一言でいうと
「感動」でした。

玄関には「いらっしゃいませ。どうぞ中へお入りください。“幸
せをつくる”倍速開発」という、手作りの温かさあふれるポップ
でのご案内でした。

会議室に通されると、“いらっしゃいませ”のメッセージカード
に「参った!」という感動から感激に変わった瞬間でした。メッ
セージも単なる社交辞令ではなく、我社の取り組み・理念にも触
れられており、質の高さに驚きました。

会議室には常時、倍速開発さんで取り組まれている社員教育、レ
クレーションの模様などの写真があり、会社の見える化が進化し
ているようにも感じました。

事務所全体のフロアーも明るく、前向きな取り組み、幸せ感あふ
れる内容が随所にありました。人生は言葉でつくられる。と言い
ます。まさに、いい言葉が幸せ度数をアップさせるのではないか
と思いました。

最後に、記念写真ということで、社員さん全員と写真を撮りまし
た。その後、御礼のご挨拶ということで2、3分の対談。帰りの
ドアには「ご来社ありがとうございました。感謝」ということで
見送られました。

実は、これが最後ではありませんでした。帰りしなに社員さんか
ら「ありがとう」カードが渡されました。正直、単なるメッセー
ジだと思ってました(すみません)。しかし、開いてみると、な
んと、数分前に撮った写真がテレホンカードサイズで貼られてい
たのです。びっくり感動から感激でした。

会社のアピール、ブランド化というのは、いろいろ学ばさせて頂
きますが、見える化、見せ方という面では、大変学ぶべき点が大
きかったです。

城野宏さん「脳力開発のすすめ」の本までお土産に頂きました。
ありがとうございました。感謝。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。