頼まれやすい顔になる (101209)

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

自分の顔を一日にどれくらい見ているでしょうか。顔を洗う時、
洗面所で手を洗う時、女性は化粧の時間があります。

顔つきというのは、運を引き寄せるようです。小林正観さんの運
命好転十二条に、「和顔」頼まれやすい顔になる。に書かれてあ
る興味深い話です。

人間の3分の2の筋肉は、「この前こんな嫌なことがあってね」
「この前こんな嫌な人と会ってね」というような、あまり楽しく
ない話題を口にしたときに使われるそうです。そして、3分の2
の筋肉が、否定的な言葉、否定的な感情のときに動くというから
驚きです。

逆に「この前こんな楽しいことに出会ってね」「この前こんな楽
しい情報に出会ったんだ」というような話をしているときは、顔
の3分の1の筋肉を使うといいます。

使った筋肉はどんどん発達しますし、使わない筋肉はどんどん退
化しますから、楽しい話、おもしろい話、笑顔になりそうな話を
たくさん使っている人は、顔がどんどん和やかになるそうです。

心得が載っていましたので紹介します。
———————————————————–
その1。
「眉間に立てジワを寄らせないこと」「眉のあいだを開くこと」

その2。
今は日本の女性でも書き眉をしている人が多いですが、この書き
眉を45度の角度で吊り上げているいることがあります。本来、
眉毛は額にかいた汗を目尻のほうへ集めて耳の前で流し落とすと
いう役割をしています。ですから自然の眉というのは眉尻が下が
っています。

その3。
口元、口角が上がっている人は、何となく親しみやすく、頼みや
すい感じがします。

その4。
「笑ったときの目」が問題です。たとえば口元は笑っていますが、
しかし、よく見ると目が笑っていないという場合があります。口
元が笑っているときは、目のほうに意識を持っていくということ
もちょっと心がけてみてください。「目も笑っている」という状
態が確認されると、相手の人はとても心が和みます。
———————————————————–

今日の徳目は「笑顔」です。いつもより自分の顔に意識してみま
しょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。