その道のプロ意識をもつ(101227)

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

船井幸雄から教わった10のこと。と題して、コンサルティング
チームの方から送られてきたプロについての定義です。

プロフェッショナルについては、視点が変われば定義も変わるも
のですが、本質的なものは同じであるように思います。

プロについての船井幸雄流の定義。
———————————————————–
その道のプロとは、その日の体調が優れなくとも、どんな状態で
も、普通のアマチュア以上の成績や成果を出せる人のことをいい
ます。どんな仕事であっても、自分の目の前の仕事に天職発想を
もち、プロ意識をもつことは大切なことです。

あなたが上位一割の人財になろうと思ったら、何かでプロになる
か、もしくは何人ものプロを使うことのできるリーダーになる必
要があります。

そのためには、まずサラリーマン意識を捨てなければなりません。
サラリーマン意識を捨てるということは、自分で自分の仕事に責
任をもつということです。

失敗しても誰かが助けてくれる、自分一人ががんばらなくても、
会社は給料をくれるという気持ちでは、たいした仕事はできませ
ん。

自分が率先してがんばらなければ、部下たちの生活を脅かすこと
になるかもしれないと命がけでがんばる気持ちがなければ、人財
にはなれないのです。
———————————————————–

自分の為だけではなく、誰かの為に頑張る。その気持ちが根底に
ないと、人間は踏ん張りがきかないようです。

目的とは、何のために、誰のために。です。

船井総研では、新入社員向けに以下のような話をするそうです。
———————————————————–
『非存在デメリットの人財になれ』
存在デメリット・・・その人がいることが会社や顧客にとってデ
メリット
非存在メリット・・・その人がいないことが会社や顧客にとって
メリット
存在メリット・・・その人がいることが会社や顧客にとってメリ
ット
非存在デメリット・・・その人がいないことは会社や顧客にとっ
てデメリット

入社当時は給料をもらうだけで会社へのメリットは享受出来ない。
つまり、会社にとってデメリットでしかない。しかし、これが圧
倒的な努力を続けることで、(ちなみに船井総研では、通常の3
年分を1年で埋めろ!と言われます)自信となり、会社やお客様
にとって『非存在デメリット=その人がいないとダメ!』になる。
———————————————————–

人罪、人在、人材、人財。の4つと同じです。人財になるよう努
力していきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。