え~くそ、あ~くそ、なにくそ!(110126)

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

法政大学の坂本光司先生は、講演の中で、日本の失業率が何パー
セント、新卒就職率がどうとか報道されていますが、あんなの嘘
っぱちだと言っています。

世の中には、働きたくても働けない障がいも持った方がごまんと
いる。そういう現実も知らずに、「あの人が気に食わない」「こ
んな仕事はいやだ」「通勤時間が長すぎる」「給与が1万減った」
と言って辞めていく。そんなの失業なんかじゃない。そして、失
業保険をあてにして辞める。と少々辛口な言葉でお話されました。

僕も転職を経験した人間です。自慢じゃないけど失業保険は一回
ももらっていません。独立する前も1年間「お前は何をやりたい
のか」「やりたいものは何なのか」自問自答したものです。

そして、自分の全エネルギーを集中して失敗は許されない断崖絶
壁に自分を追い込み飛び込みました。

翌月の25日、通帳をもってATMへ記帳に行きました。もしか
して、給与が振り込まれているかもしれない。そんな浅はかな考
えで行きましたが、むなしくもスルーで通帳が戻ってきたことを
今でも覚えています。

頭ではわかっていても、「あっ、これが現実なんだ」と。

坂本先生はこうもお話されてました。時には不況になったほうが
いい。不況になると経営者と社員の本性(本質)が見える。と。

どういうことだろうと聴いていましたが、不況になればすぐにリ
ストラだと言って解雇する経営者と、必ず雇用は守るといって耐
える経営者に分かれる。その姿を社員さんがじっと見ていて、忙
しくなった時に、どちらの経営者の元でがんばろうとなるか。そ
して、社員もお金で繋がっていた人から順に辞めていく。そんな
関係しか持てなかったんだと経営者は反省するべきだと。

厳しいお話に終始うつむいていました。

赤字の会社と黒字の会社、どちらに就職しますか?なんだかんだ
と言ってもこれが現実です。必ず挽回します。「え~くそ、あ~
くそ、なにくそ!」です。がんばります。がんばりましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。