コミュニケーションの取り方は仕事振りに現れる(110202)

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

昨日は3名の学生が、我社の会社説明会に参加されました。真剣
に聴き入る姿が印象的でした。しかし、目の動き、姿勢、言葉、
態度をよく見ていると、それぞれに見えてくるものがあります。

会社は学生さんを選んでいます。しかし、学生さんも会社を選ん
でいます。選ぶ選ばれる一番の格となるものは、「価値観」です。
価値観の相違で入社するとお互いが不幸になります。

限られた時間でしたが、我社の価値観(考え方)を伝えさせて頂
きました。

話し方研究所の福田会長は、「残念ですね」という言葉をよく使
うそうです。例えばの例で書かれていましたが、真面目で一所懸
命話をしている人には、①前置きが長い。②あれもこれも話す。
③時間内に終わらない。などの傾向が目立つそうです。

そこで「せっかく話しているのに、前置きが長いため、言いたい
ことがはっきりしないんですよね。残念ですね」。といった具合
にコメントするそうです。

こうした話の傾向を持つ人は、仕事ぶりにも表れると言います。
1.弁解、言い訳が多い。--熱心に訪問しますが、「他社が入
って無理でした」「予算削減で検討の余地ありませんでした」

2.あれこれといろいろな仕事に手をつけ、期限に間に合わない。
そして、中途半端で終わり成果が上がらない。

3.仕事の遅れが目立つ。

コミュニケーションの取り方は、少なからず、仕事の取り組み全
般に当てはまります。そこには、考え方に問題がある。と釘をさ
しています。

物事の優先順位、何が重要で何が問題か。今、何が一番重要かを
考えてみましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。