自分の使命・役割を自己認識する(110210)

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

日曜日からの福岡出張。昨晩の大牟田市倫理法人会での講演、今
朝のモーニングセミナーでのスピーチで終わりました。出事が多
い中で、留守を預かる社員さん、家庭を守る妻、感謝の気持ちで
す。

目に見える良いことは喜びですが、目に見えない当たり前のこと
への感謝こそが大事であると更に思うものがありました。

人は目に見えない力で生かされています。これは間違いないこと
です。目に見えない力を意識できた時に、潜在能力が開花できる
チャンスでもあります。

誰もが精一杯生きています。プロのスポーツ界でも表には出てこ
ない人が、安い給料で夢を追い続け挫折を繰り返しながら雑草の
ごとく生きている人も沢山います。

その人の生き方・・・と言ってしまえばそれまでですが、そこに
自分の存在価値を見出せれば幸せな生き方だと思います。

この社会、地域、会社に自分の存在価値(ポジション)を見出せ
た人はぶれません。人としての最後の欲求は「社会貢献欲求」で
す。マズローの五段階欲求は既知のことと思いますが、実は自己
実現欲求の上に、社会貢献欲求があるのです。

マズローの時代は、アメリカ対ソ連の対立国家でした。本当は社
会貢献欲求を最上位に位置づけておきたかったそうですが、社会
主義的な思想と思われるため、あえて、外したそうです。

人が生きる力(モチベーションを上げる源)は、社会へのお役立
ちの為に、自分の使命・役割を自己認識することだと言われます。
言い換えると、自分は何ものだと意識できているかどうかです。

実はそこに焦点を当てることを、ほとんどやってきていません。
そして、やる機会もありません。本当は一番重要なはずなのにで
す。環境、行動、能力向上に焦点を当てることはあっても、自己
認識には当てられていないのです。だから弱いのです。

自分が何者だと知りたくありませんか。知ったとしたらどんな感
じでしょう。答えは自分の中にあります。見つけていきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。