身近な出来事でも自分を見つめる(110220)

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

後藤静香氏の「道のしるべ」より、印象的な言葉を紹介します。

———————————————————–
・他人をそしるな 自分をほめるな・・・
批評はやさしい。実行はむつかしい。非難する前に自分を見直せ。
干渉は禁物。彼には彼の流儀がある。

・力量がわかる・・・
自分を知る一番いい方法は、仕事をしてみることである。気まぐ
れでなく、真剣な気持ちで、仕事と取り組んでみる。そうすると、
自然に、自分の長所も短所もわかり、自分がどの程度の人間か大
体の見当がつく。

自分の力量がわかると、人の偉さもわかり、すぐれたものには頭
をさげる気持ちになる。自分の力量を検討しよう。

・言葉の泉を・・・
温かい言葉がある。冷たい言葉がある。西洋のおとぎ話にあるよ
うに、口からもれるひと言が、宝石にかわる言葉もあれば、まむ
しやとかげにかわる言葉もある。

聞きほれる言葉がある。耳をふさぎたい言葉がある。香りのたか
い言葉がある。鼻もちならぬ言葉もある。言葉の泉を清めよう。

・三つの型・・・
甲は、定刻五分前につく。五分のゆとりがあるから、ゆうゆうと
して仕事にかかる。

乙は、定刻ぎりぎりにつく。途中で交通事故でもあると、きっと
遅刻する。

丙は、出かけになってぐずぐずする。五分前後の遅刻は毎日で、
その都度冷汗をかく。

五分のちがいのようだが、その生き方が、それぞれの運命を暗示
する。
———————————————————–

今日は休日。身近な出来事でも、自分を見つめることができるい
い時間です。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。