自分の名前を丁寧に書く(110224)

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

女性セブン編集部で、宝くじ超当せんデータ「当たる人のルール」
がわかった。におもしろい記事が書かれてありました。何事も当
たり前のことを疎かにしない。というのがわかります。

———————————————————–
・自分の名前を丁寧に書く。

パソコンや携帯メールの普及で、手書きの文字を目にすることが
少なくなったが、古来「書は人なり」といわれるように、筆跡は
その人となりを表す重要な表現法だ。

東洋占術が生まれた中国では、文字を非常に大切にしている。占
術の世界でも、毛筆で漢数字の「一」や円を書かせて占う「墨色」
という方法がある。

墨のかすれやにじみ、勢いなどで驚くほど多くのことが読み取れ
る。毛筆でなくても、自分の名前の書き方には、運気の勢いが強
く表れるもの。

名前というものは、その人が社会と接するときの最も重要な記号
だ。だからこそ、姓名判断に基づいて名前を付けたり、高額な印
鑑を作ったりするわけだ。

しかし、自分の手で名前を書く、すなわち署名という行為に無頓
着な人が多い。

同姓同名の人でも、幸運な人もいれば、不運のどん底という人も
いるし、凝った印鑑を作ったけれど、破産したという人もいるの
は、自分の名前を大切にしているかどうかの違いがあるからだ。

運気に恵まれている人とは、自分の名前を慈(いつく)しみ、大
切に使っているひと。その姿勢がストレート表れるのが署名なの
だ。

ペン習字のお手本のような美しい字でなくても、見た目に感じが
よく、書いた本人が自分の署名に満足していることが第一の条件。

苗字と名前を続けて書くときは、字の配置のバランスが取れてい
ること。

画数の多い感じだと、崩して書くことも多いだろうが、その場合
でも、美しく崩して崩して書くパターンを身につけておくといい。

大物芸能人やスポーツ選手の多くは、サインを求められることが
多く書き慣れているので、いつも一定した型になっている。

金運・宝くじ運を上げたいのなら、漢字の縦線は下までずっと伸
ばし、はねる部分をきちんとはねる。運気に勢いが出て、入って
くるお金が増える。

また、名前を書くスペースに対してあまり小さな字は、運気のス
ケールが小さくなり、宝くじを買っても当たりにくくなるの注意
しよう。
———————————————————–

何も宝くじを当てるのが目的ではありませんが、丁寧にするとこ
ろは丁寧にしないと、運気は逃げていくのです。人との人間関係
も丁寧にしないと、道理を踏み外すととんでもないしっぺ返しを
もらうものです。

丁寧に事を運びましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。