日本人の和の精神は、人・もの・自然と自分とが調和すること(110326)

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

今日本が世界に注目されています。今週の倫理の中でも日本のよ
さが書かれています。

———————————————————–
英国BBC放送が33ヵ国の約四万人を対象に「世界に良い影響
を与えている国」として調査をした結果、最上位の評価を得たの
が日本でした。

日本人の「和」の精神が多くの分野で開花し、高度な技術と豊か
な文化が世界に発信され、良い影響を与えていると言えそうです。

日本人の持つ和の精神は、人・もの・自然と自分とが調和し、ひ
とつにまとまることを意味します。

倫理運動の創始者・丸山敏雄は「和するということは自分がその
環境の中に入り、自分が相手に向かって進んでなごむ、睦む、や
わらげる」とし、和のもとは愛と説きました。

愛こそが万物を生み、育て、養い、そこに文化と幸福が築かれて
いくのです。見返りを求めず、自分から無条件に歩み寄って与え
る時にこそ、人の喜びをわが喜びとする和の世界が広がっていく
のです。
———————————————————–

ビジネスの世界でも「先義後利」というのがあります。道義を優
先させ、利益を後回しにすること。「義」は人として当然あるべ
き道の意。「利」は利益のこと。「義ぎを先さきにして利りを後
あとにす」という意味です。

そういった大局的にものごとを判断する人格を養っていきたいも
のだと思います。俺が俺がの我の時代は終わりました。今こそ、
日本人のすばらしきDNAを開花させる時だと思います。

人の喜びをわが喜びとする働きをしていきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。