新しい未来を出現させる源泉(110423)

————-Learning365より引用—————
<23日、24日の自己啓発格言>
負けがある、ゆえに勝ちがある

<解説文>
負けの体験・経験が「こそっ、次こそは」という負けん気と、
「こうやれば次は勝てる!」という知恵や工夫を生み出す。勝ち
しか知らないよりも、負けを知っているからこそ、真の強者たり
うるのだ。

<基本動作>
相手に好感をもたれるあいさつは
①大きな声で→ハキハキ
②心を込めて→ニコニコ
③はつらつと→イキイキ
④キビキビとした動作で→ビシッと決める

<ビジネス&マーケティング学>
水力発電で今注目されているのがミニ水力発電、ダムが不要なた
め、環境破壊の心配はなく、運転中に二酸化炭素は発生しない。
新エネルギーの一つとされているので、政府から建設費用の3分
の1の補助がある他、発電した電力を会社へ売ることもできる。

<ワン・チャレンジ>
誰かを手伝おう。
———————————————————-

みなさん、おはようございます。今日もツイてます。

今日は14周年行事です。毎年の周年行事ですが、準備に携わっ
てくれたみなさん本日本番、よろしくお願いします。

毎日、毎週、毎月、毎年といったやるべきことの繰り返しは物事
を成就していくプロセスにおいて大変重要なことだと思います。
成果というものは、やったことの結果のプロセスとして出てくる
ものです。

降って湧いたような成果というのはありません。仮にあったとし
ても、それは先人の方が蒔いていた種があったからに過ぎません。

会社にも周年行事があるように、私的なプライベートにおいても
存在しています。誕生日、結婚記念日、一周忌、三回忌など。

周年行事はその年の振り返りでもあります。成長のプロセスには
この振り返りというのが不可欠です。一日、週、月の振り返りで
新たに生み出されていくものがあるのです。

目に見えないものかもしれません。しかし、それが重要な積み重
ねになっていきます。

会社の一年、自分自身の一年を振り返り、新しい未来を出現させ
る源泉にしていきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。