肯定的な意味づけ (110530)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

意味づけの力。こんな歌が昔流行りました。「♪幸せを数えたら
片手にさえ余る。不幸せ数えたら両手でも足りない♪」みなさん
はどうでしょうか。

幸せ、不幸せという大それたことではなく、ラッキー、アンラッ
キーで見てみたらどうでしょう。アンラッキーの数の方が多いと
思いませんか。

あのイチロー選手でも10回バッターボックスに入って7回は一
塁ベースを踏めないのですから。

ではどうするか。何もやらない。というのも一つの方法です。イ
チロー選手が三振は嫌だと言ってバッターボックスに入らないの
と同じです。そうなると成長はストップします。

成長したい人、自分の人生を意味あるものにしていきたい人は、
自分に起きるアンラッキーの出来事を肯定的な意味づけに変える
しかありません。

それが「意味づけ力」です。意味のない出来事はありません。出
来事全てに意味があると思ってください。そして、その意味を肯
定的に捉える訓練を意識的に行うことです。学校ではそんなこと
教えられていません。親や上司、先輩、同僚が教えていかなけれ
ばならないのです。

今日も肯定的な意味づけを行っていきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。