本を忘れず、末を乱さず(110605)

————-Learning365より引用—————
<5日、6日の自己啓発格言>
「一日一生」「一期一会」の思想と行動があなたを蘇らせる

<解説文>
今日という一日、目の前の一瞬一瞬を大切にしよう。過ぎ去った
「過去」に生きるのではなく、未だ来ていない「未来」に生きる
のでもなく、今ある今日という「現在」を生きるから、日々が新
鮮なものとなる。

<電話・メール>
外線電話は3コール以上待たせたときは、「大変お待たせいたし
ました」という。電話は、2コール以内で取るのが基本である。
電話に出る際は、あいさつと会社及び自分の名前をハッキリ言お
う。

<ビジネス&マーケティング学>
経済とは、「経世済民」(国を治めて、人を救う)という語の略。
「エコノミー」の訳語として、福沢諭吉が作ったとされる。

<ワン・チャレンジ>
口頭だけでなく、メモで伝える。
———————————————————

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

何のために。誰のために。今週の倫理です。
———————————————————-
「志定まれば気盛んなり」。これは幕末の志士で、松下村塾を開
き多くの人材を育てた吉田松陰の言葉です。
「志が明確になると、自ずからやる気が高まり、目的に向かって
全力を打ち込めるものである」との意です。「志」すなわち目指
すべき方向性を持ち、目的、目標を明確にすることが肝要だとい
うのです。

一九九九年七月十日、中国・北京での出来事です。倫理研究所創
立55周年記念事業として、同年より始まった中国・内蒙古自治
区での植林活動は、職員・会員で混成された緑化隊の手により順
調に進んでいました。この日は当地で無事に植林活動を終えた隊
員30名が、北京空港より関西国際空港に向けて帰路につきまし
た。

到着後は、入れ替わりに次の緑化隊25名が同便に乗って、北京
に向かうこととなっていました。ところが北京空港を出発した飛
行機が、天候不良のために引き返してしまったのです。

中国国際航空からは「24時間遅れ」が通達されたのみで、運行
の再開に関してはまったくの不明。一日でも日程が狂うと、宿泊
施設など全ての予定を変更しなければなりません。北京で待機し
ているスタッフには正確な情報が伝わらず、不安は募るばかりで
す。北京空港と関西国際空港で長時間待たされている両緑化隊も、
不確実な情報により混乱状態に陥っていました。

その時、東京の旅行社から北京のスタッフ宛に、「明日の早朝、
北京行きの他社便に空席があり、変更手続きをする予定。ただし
航空運賃は高くなります。ご判断願います」との連絡が入ったの
です。

北京のスタッフは日本の本部に電話を入れ、数少ない情報を元に
状況を説明し判断を仰ぎました。すると「ご苦労さん。大丈夫、
とにかく緑化隊を北京に入れることが最優先だ。お金はあるか」
との返事でした。

「大丈夫」という決断の一言と「簡潔な方針」に北京側は勇気百
倍。そして「何のために」「今一番重要なことは何なのか」とい
う目的を再確認しました。事務変更手続きなど徹夜での作業とな
りましたが、その後、事なきを得たそうです。

思わぬアクシデントに遭遇した時、行き詰まった時、迷った時に
は、「まず原点に返れ」といわれます。原点とは出発点です。

『万人幸福の栞』の十三条「本を忘れず、末を乱さず」には、
「開店の日のいきごみと、友人のよせられた厚意を忘れるから、
少しの困難にも、気をくじかせる。終始一貫ということは、成功
の秘訣であるが、これが出来ないのは皆本を忘れるからである」
と記されています。

製品には「原料」、温泉には「原(源)泉」、帳簿には「原簿」、
「今週の倫理」をはじめ出版物には「原稿」と、あらゆる「原点」
があり「本」があります。

自らの「生命」の原点である「何のためにこの世に生を享け、人
生の中で何ができるのか。何をすべきなのか」を再度、振り返っ
てみようではありませんか。その時こそ生命力が漲り、英知が湧
き出で、持てる力を最大限に発揮できるのです。
———————————————————-

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。