良いことばと悪いことば(110618)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

「良いことばと悪いことば」について書かれた本を目にしました。
一部抜粋して紹介します。

———————————————————-
ある実験について読んだことがあります。それは、右手を熱い湯
に、左手は冷水に浸(つ)けておき、その後、両手を同じ水に浸
けると、右手は冷たく感じ、左手は温かく感じるというものです。

ここで大切なのは、その水の温度が同じだということです。つま
り、人間は自分が置かれた状況や経験で判断しがちであり、そこ
だけで判断すると間違いが生じることもある、ということなので
す。

同じ温度の水を、熱い冷たいと判断するのではなく、水は水とし
ての、その本質を知ることが必要だということです。そのことは
そのまま言葉の本質の問題にも当てはまります。

日本人は、言葉には魂があり、良い言葉をいえば幸福が現れ、逆
に悪い言葉をいえば不幸が現れるという言霊の信仰としてずっと
伝えてきました。

今でも、おめでたいときには決して悪い言葉をいってはいけない
という忌言葉(いみことば)が行われています。
———————————————————-

今日も良いことばを使いましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。