人生はまさに「今ここ」の勝負(110724)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

昨日は福岡倫理法人会の友人であるお父様がお亡くなりになられ
葬儀に参列してきました。94歳での大往生。誕生日が7/22
でその一日前の21日に旅立たれました。

弔辞や喪主のお言葉を聞きながら、人生はまさにどんな旅立ちを
するかが生き様だと思います。

生前、息子さんがお父様に尋ねます。「いつの時代が一番良かっ
た」「う~ん、全部良かった」。これはすごく重みのある言葉で
す。

「全部良かった」というのは「今が最高に幸せ」という裏返しで
もあるからです。今最高に良くなければ「全部良かった」という
言葉は出ません。

人生はまさに「今ここ」の勝負です。過去ものすごく幸せであっ
ても、今ここが不幸であれば、過去さへ否定されます。しかし、
過去どんなに辛くて不幸な出来事であっても、今最高に幸せであ
れば、過去の辛さがあってこその「今」ということになり全部肯
定されます。

僕たちは、明日は必ずあると思っています。明日は必ず目が覚め
ると思っています。死生観というのがありますが、死に方がその
人の人生でもあります。

死というものをタブー視する傾向がありますが、もっと人間の死
というものを学ぶ機会が必要だと思いました。

今日も「今ここ」に全力投球しましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。