良好なコミュニケーションを築く3つの手法(111014)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

良好なコミュニケーションを築くのに、ミラーリング手法という
のがあります。聞いた事があるかと思いますが、ミラーリング手
法(鏡の手法)です。例えば、相手の声の真似をし、同じ声の大
きさ、スピード、抑揚、高低を心掛けます。

さらにコミュニケーションを高めるには、①頷き②相槌③バック
トラッキングというものがあります。

頷き(うなずき)は、相手の話を聞きながら、ゆっくり深く頷く
ものと、小さく速く頷くものがあります。頷きは相手に話を聞い
ていますよというサインになります。

次に相槌。ホー、そうですね。ウンウン、そうそう、そうなんで
すね。などが相槌です。相槌を打ってもらうと話し手は話に調子
がつきます。「さすが・・・!その通り・・・!」といった相槌
も相手に気持ち良く話してもらう効果があります。

バックトラッキングは相手の言葉やフレーズそして感情等をその
まま相手に鏡の如く返す方法です。

例えば、「私は先日、本当に美味しいコーヒーをいただきました」
と相手の方が言われたら、「本当に美味しいコーヒーをいただい
たのですね」と感情を込めて返答します。すると、相手の方は自
分のことを判ってくれる人と感じるのです。

良好なコミュニケーションは、①頷き②相槌③バックトラッキン
グです。意識してみましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。