イノベーションは創意工夫(111102)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

昨日は、商工会議所主催で世界的なデザイナー奥山清行氏の講演
会でした。11月1日は長崎ロープウェーのリニューアルオープ
ン日で、そのゴンドラをデザインされたのが、奥山氏だったそう
です。

奥山氏は工業デザイナーですが、ハードとソフトのものづくりと
いう点では大きく共通する点があるように思いました。

一つにプロジェクトの進め方です。まず最初に大きな問題を出す。
その為に何をするか。プロジェクトの完成イメージを先に出すこ
と。その為にスケッチとかCADを駆使して、完成イメージ図を
プロジェクトメンバーやクライアントと共有する。

このことは、僕らの仕事でも共通するようです。始めに完成した
イメージを共有し、問題点を早め早めに出しクリアしていくこと。
後になって大きな問題が出るプロジェクトは失敗に終わる確率が
高いようです。

絵を見ると人間は何となく行けそうだと思うようになるそうです。
本能的に視覚の動物であり、視覚に訴えることで物事が進んでい
くように思います。

それと、イノベーションの話もあり、イノベーションは創意工夫
であり、新しいものがポンと出てくるわけではない。日々の創意
工夫の中に生まれる。

技術はつくった人ではなく、使った人で生きる。という話もデザ
インだけに終わらず、その先の物語をイメージしての「コトづく
り」に徹していることもうかがえました。

アメリカのアポロ月面計画にちなんだ言葉「MOONSHOT」
やることが無謀という意味で使われる言葉だそうですが、今の時
代はある意味、無謀と思えるような「夢」が大切だという話で締
めくくられました。

今日も一日の成功イメージを描いて、やってみましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。