相手から「何を得るか」ではなく「何を与えるか」(111107)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

陽転思考の著者小田全宏氏は著書の中で、人の幸せについて次の
ように書かれています。
———————————————————-
人間が幸せを感じることのいちばんのベースとなるものは人間関
係です。どんなにお金がたくさんあっても優れた地位についても、
打ち解けて話し合える友人一人いなかれば、その人は孤独であり、
決して幸せな人とは言えないでしょう。人間の幸せとは、人との
関係でどれだけ豊かなものを感じているか、それが最も大切な問
題となるのです。
———————————————————-

幸せの定義は、人それぞれに違うと思いますが、ベースとなるも
のは人間関係にあるようです。良好な人間関係の上に、ちょっと
した日常の出来事が、幸福と感じるのかもしれません。

人間関係が悪かったとしたら、ちょっとした日常の出来事に幸せ
を感じることは無いと思います。

では人間関係を良くするにはどうしたらいいのでしょう。出会い
を大切にすることかもしれません。森信三先生は「この世で出会
う人は必ず出会う。しかも一瞬早からず、一瞬遅からず」。

そして、人間関係を良くするには、相手から「何を得るか」とい
う視点ではなく、自分は相手に対して「何を与えるか」という視
点で関係を構築していくと間違いないようです。

今日も何を与えていきますか?

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。