今日の心がけ (111119)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

今週の倫理にマナーの事が書かれていました。そして、朝礼の意
味など。紹介します。
———————————————————-
10月28日の産経新聞「小さな親切、大きなお世話」のコラム
に、作家の曽野綾子さんが「ふだん私はできるだけ電車で外出し
ているのだが、(中略)精神的疲れを感じてぐったりすることが
ある」との一文を寄せています。

内容は、電車の中での乗客の服装や化粧のことなど、ほとんど怒
りに近いもので占められていました。

電車内の一部の乗客に対し、腹立たしい思いをするケースがあり
ます。例えば、優先席付近では携帯電話の電源を切るよう協力を
願うアナウンスが流れますが、優先席に座らずにすむ乗客が堂々
と通話やメールをしています。

一人が使えば隣の乗客がという状態です。注意をしたことによる
乗客同士のトラブルも多くあります。モラルの低下が嘆かわしい
状況にある日本なのです。

倫理法人会の会員企業では、倫理研究所が推奨する「活力朝礼」
を導入するところが多くあります。朝礼の中で自社の目標を確認
し、挨拶実習などを行なうことで、社員の資質の向上を図ります。

また『職場の教養』を活用することにより、チームワークを向上
させ、朝礼参加者のモラルアップを喚起する企図です。

日本全国の企業がこの活力朝礼を実施すれば、一人ひとりのモラ
ル向上に資することができるとの思いで、倫理法人会は各地で倫
理を広く紹介しているのです。

経営者をはじめとする全社員が、『職場の教養』の最後にある
「今日の心がけ」を社会で実行すれば、前述の腹立たしい光景も
少しは減少するはずです。

「今日の心がけ」を飾り言葉や絵に描いた餅にしては、実にもっ
たいないのです。その日の職場生活での心構えとして、その延長
として今日という一日が終わるまで、「今日の心がけ」を実行す
る覚悟を持つならば、世の中は明るく暮らしやすいものになるで
しょう。
———————————————————-

今日の心がけを意識しましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。