あなたは世界でたった一人のアーティスト(120131)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

今朝の島原倫理法人会での講話は、熊本から「あなたは世界でた
った一人のアーティスト」というテーマで高光りょうすけ氏より
お話を頂きました。高光氏は、長崎県口加高等学校陸上部のメン
タルトレナーでもあります。

自称、感動教育家というだけあり、感動あるお話でした。小学・
中学生にも夢ある話をしたり、いろんな方に感動のお話を広めて
おられます。

どんな人でも感動でスイッチが入るそうです。そして、伸びる人
と伸びない人の差は、感動の差(感受性が高い・低い)だそうで
す。

人の話も、感動の心で聴く人と評価しながら聞く人では、学び方
が大きく違います。どこか冷めた人は、行動に移すことはありま
せん。

感動は人と人との間で起きるという話。そして経営者は人生大学
の学長である。という話も納得しました。

感動する3つのポイントを教えてもらいました。
1.夢を本気で語る。人生に夢があるのではなく、夢が人生をつ
くる。ロケットがあったから月に行けたのではなく、月に行きた
いと夢があったからロケットができた。僕らの月は何か?

そして、言葉は人に伝わる前に自分で伝わる。消極的な言葉で成
功した人はいない。言葉は人生をつくる。イメージと意志はどち
らが強いか。イメージが断然強い。

2.自分の天才を呼ぶ。感動を呼び覚ます。その為には笑顔。人
間は習慣のいきもの。笑顔が出ない人は、笑えなくなっている。
笑わない習慣をつくっている。感動する習慣がない人は感動しな
い。そして、自分が感動した幅でしか人に感動を与えることはで
きない。

3.今日という日を輝かせる。二度とない一日。常に一期一会。
人生で安定も求めてもどこにもない。不安定に勝つ自分をつくる
しかない。人生は今日の一瞬一瞬。

最後に、あなたと出会ったから成長した。これが最高の出会い。
この言葉が印象に残りました。感動しました。

早起きして、遠くまで出かけた甲斐がありました。今日も感動し
ましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。