自信・覚悟・強引(120206)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

facebookのソーシャル就活(ソー活)で投稿されていた
記事です。今の学生の意識が垣間見えます。一部、紹介します。

———————————————————-
私は、就活の”武器”や”ネタ”はたくさんあります。ある程度
の結果も残せてきたのかな・・・。とも思っています。しかし、
私はまだ内定を持っていません。その一方で、それほど「派手」
な活動をしていなくても既に”内定”を持っている友人もいます。


自信
私の周りの就活生は、自信あふれる人が多い傾向にあります。自
分の”強み”や”長所”を言葉にして伝えるのが上手な人間が多
く、「最大限自分の魅力を伝えるにはどうしたら良いか」をよく
研究しています。はっきり言って、”魅せ方が上手い”だけの人
もいます。

自己肯定力が強めの子が多いのかな。「私は/僕は〇〇なら負け
ない」とはっきり言える強さが羨ましいなあと思っていました。
圧倒的な成果を残してきた人や苦労して得た成功体験を持ってい
る人はこの自信がほかの人とは比べものにならないほど溢れてい
て、それを話しただけで感じることができます。

覚悟
自分の興味や関心を早くから考え、就活の軸がはっきりしている
子が多い気がします。決断することから逃げず、「ここの企業に
行きたい!」と第一志望の会社に入る為の行動と熱意を絶やさな
かった印象を持っています。

既に内定者としてアルバイトやインターンをしている仲間は、就
活を一切やめました。「私は/僕はここの会社で勝負するんだ!」
と、この時点で決められた覚悟は本当にすごいと思っていますし、
その決断をした友人を私は尊敬しています。

強引さ
良い意味で剛胆で思い切りの良い方が多いです。ここぞという場
面で、「ここは私が」と一歩前に出られるタイプが大半。「いや
いや、私なんて。」と一歩退いたりしない気がします。遠慮とい
う言葉が似合わない。

やりたいことや欲しいものを、(手段を選ばずに)真っ直ぐ掴み
取りにいく姿勢はいつも勉強になっています。それだけ自分の欲
求に素直になったから、結果を掴めているのだと思います。

振り返ってみると、私にはこの3つが足りなかった。覚悟決めて、
強引に、自信を持って行動できていなかったのです。

就活では、自分の内面に向き合わざるを得ません。痛くて辛くて
哀しいこともあると思います。でも、その経験や抱いた感情を全
部全部糧にして、一歩ずつ進んでいきます。
———————————————————-

みなさんは、この記事を読んでどんな感想をもたれたでしょうか。
僕は、これは何も就活をおこなっている学生だけの問題ではない
と思います。

覚悟を決められない。引っ込み思案。自信がない。どうでしょう
か。仕事は常に一歩進めることに価値があります。3つのコトを
自問自答し、常に一歩進めて行きましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。