コミュニケーションロスは仕事に大きな支障をもたらす(120210)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

日本人は以心伝心、あうんの呼吸で意思が伝わっていると思われ
がちです。しかし、実際には的外れなこともあります。伝えたこ
とが伝わっていない。いわゆる“伝えたつもり”になっている場
合です。

十分な情報が伝わっていないまま、大事な判断をしてしまうと、
後々取り返しのつかない事態になってしまいます。これを、マネ
ジメント用語で、コミュニケーションロスと言います。

コミュニケーションロスは仕事に大きな支障をもたらします。僕
らの仕事においては、仕様の食い違いです。言った言わないの低
次元のコミュニケーションロスは、絶対避けなければなりません。

上司も単に「指示しました」ではダメです。理解したのか指示通
りやっているのか「確認」しないといけません。

仕事における思い込みは、コミュニケーションを阻害します。い
くら「言ったから、やっている」とは限らないのです。

コミュニケーションの目的は協働(コラボレーション)にありま
す。組織は一人ひとりが心を通わすことで、効率よく智恵を出し
合い、目的、目標を達成できます。上司、リーダーは心の通いあ
う組織になるよう努力しなければなりません。

ある会社はコミュニケーションを「通心」と呼んで、基本は挨拶
と言っています。挨拶はコミュニケーションの基本中の基本です。

今日も挨拶、「通心」を意識しましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。