セルフコンセプトを意識する(120418)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

セルフコンセプトというのがあります。これは小さい頃からの成
育歴の中で形成されます。両親の教えであったりとか、祖父母の
教え、周りの大人たちの教えで形成されます。

プラスに働く場合とマイナスに働く場合もあります。どちらかと
いうとマイナスの働いて、自分自身のパフォーマンスの制限を受
けています。

例えば、こんなことってないでしょうか。ある行動に対して、人
から「無理」と言われれば「無理」と決めつけ、「難しい」と言
われれば「難しい」ことを思考する。これが一つのセルフコンセ
プトです。

その方が自分としても居心地がいいから、その言葉に捉われてし
まいます。この居心地は自分がつくっています。

例えば、いつも遅刻する人がいます。遅刻自体いけないこととい
うことを知っています。しかし、遅刻します。それは遅刻の居心
地がいいということを長年にわたって形づくられてしまっている
からです。

この自分の居心地の良さから抜け出すことが「チャレンジ」です。
「ピンチ」こそ「チャンス」といいますが、外部環境によって否
応なしに居心地の良さを壊され「チャレンジ」するしかない状況
によって行動に移されます。

今日もちょっとした自分のセルフコンセプトを意識してみましょ
う。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。