激変の時代をどう生き抜くか(120529)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

昨日の続きです。激変の時代をどう生き抜いていくか。感性論哲
学第一人者の芳村思風先生の言葉です。

———————————————————-
激変の時代。

時の流れはオレが作るという気持ちをもつ。

感性で、異和感を感じるということは、そこに時代を進めるため
の自分の使命があるということ。

感性が良くて、理性が悪いのではない。感性と理性のバランスで
もない。感性と理性の協力関係を作ることが大切なのです。

感性で問い続け、理性を使って答えを出す。出てきた答えに感性
で、「これでいいのか」と問い続けること。生きるということは、
成長し続けること。

自分自身が成長するためには、どうしたらいいか。
この会社をよりよくするためには、どうしたらいいか。
この社会をよりよくするためには、どうしたらいいか。
未来を予測するのではなく、未来を作り出すという気持ちで、問
い続ける。
———————————————————-

さあ、今日も未来をつくる為に、進んで喜んで働きましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。