社会的知性の高いリーダーを目指す(120602)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

情報の共有。これは何も大それた仕組みをつくるものではなく、
ちょっとした声かけでできるものです。10数名の会社で仕組化
仕組化言ったところで、コストと時間ばかりかかってスピーディ
ーは意思決定はできません。

危機感の共有も必要です。ノホホンとしている場合ではありませ
ん。技術者は四六時中、自分の仕事を考えてこそピンとくる閃き
が湧いてくるのです。

6/30の幸せの心理学セミナー講師でもあられます大友講師の
メッセージを紹介します。

———————————————————-
社会的知性の高いリーダーを目指そう

社会的知性とは「良い人間関係を構築し、集団の中で多方面的に
良い影響をもたらす能力」です。

私の研修「幸せをつくる人間関係向上セミナー」も社会的知性の
高いリーダーに焦点を当てた心理学です。今回は「社会的知性の
高いリーダーの特性」についてふれてみたく思います。

1.将来の明確なビジョンを持っている
2.何事にも沈着冷静で自由な発想や選択と決断ができる
3.必要な情報の収集をはかり、周りの意見や話に耳を傾けて真
剣に聴く

これらのプロセスを活用にするためには、自分の持つ能力「自己
資源」の強化を必要とします。

まずは健康第一、体力の強化です。物事には困難が付きもの、誰
よりも持久力、粘りの効く体力が必要です。次に精神力です。

次々に生じる問題や課題に挑戦するには、諦めない精神エネルギ
ーがとても重要になります。

次に、私たちが学問や体験によって習得した知識と気づき、認知
能力・解決能力が求められます。それを熟練した専門技術で正確
に解決しなければなりません。

そして社会人としての強い影響力や表現力で、社交性を発揮し、
支援し実績として貢献度を高め、信頼を獲得してこそ、社会的知
性が生かされていきます。

発揮しなければならない能力はまだまだあります。興味・関心・
好奇心が強く働いてこそ、自発的な意欲や熱意がうまれるもので
す。
———————————————————-

僕たちは、自分自身のリーダーです。昨日より今日、今日より明
日、よりよい成長を目指して目標に一歩一歩近づいていきましょ
う。大丈夫、あなたならできます。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。